加熱式タバコ アイコス グローは規制対象か 受動喫煙対策に法改正案 厚生労働省

お友達にシェアしとこ!

加熱式タバコ アイコス グローは規制対象か 受動喫煙対策に法改正案 厚生労働省
まいど。せっかく葉タバコからの脱却に向けて動き出しとるところ、厚労省は厳しい対応を検討しているようや。

法改正にあたり、新型加熱式タバコも規制対象とするよう案が提出されたとのこと。

オリンピックに向けた屋内全面禁煙に合わせた規制か。

スポンサーリンク

あくまでも案の一つ、現時点では未定

今回の報道は非常にキャッチーなタイトルやね。

一見すると、規制対象となることが決まったかと勘違いしてしまいそうやな。

あくまでも、この法案施行後の対応となるのですぐにではないな。

ただ、飲食店やらは戦々恐々やな。

せっかくアイコスやグローといった喫煙者にとってささやかながらも市民権を得ようとしている製品に対しても規制が掛かるようやからな。

もちろんのこと、歩きタバコや喫煙禁止区域での喫煙はアイコスだからといって論外や。

今回ベイプは規制対象外、だが今後はどうなるか

今回の規制にベイプは対象外とのこと。

丸山ほだか議員もつぶやいてるね。

まあ、プルームテックはもちろんアウトやろな。タバコ葉使ってるし。

まだまだ日本では小さな市場のベイプは、今後業界が進む方向性によっては一発退場も十分あり得ると危惧するな。

悪い芽は早めに摘んどこか、的な。

どうしても海外のネガティブなニュースも目立つしね。

ノンニコチンでは市場の広まりに限界がある

JT・BAT・フィリップモリス共にベイプ市場への参入には非常に意欲的ではあるが、日本ではそれが受け入れられるかは別問題や。

電子タバコ用のニコチン販売等が認められていない時点で、市場の広まりはどうしても厳しいものがあるわ。

薬事法改正が必要な案件やしね。また、青少年への影響なども懸念すべき点として国は認めない可能性は高いと思われる。

電子タバコへの移行の大義名分として、禁煙効果を謳っているショップはあるが、ノンニコで実際に辞められるのは少数や。

電子タバコ Malle(マル) タバコタイプ 初心者にもオススメ 持ち運びしやすいバッテリーケース一体型
電子タバコ Malle(マル) タバコタイプ 初心者にもオススメ 持ち運びしやすいバッテリーケース一体型
まいど。小型の電子タバコ「Arcus」のVapeonly社から、タバコタ...

まあ、ワイはベイプでめっちゃタバコ減ったけどねw

実際のところ、試してみる価値はある製品なのは間違いないと思うで。

スポンサーリンク

お友達にシェアしとこ!