フィリップモリス アイコス含む4つのプラットフォームを創造 脱タバコへ

お友達にシェアしとこ!

まいど!アイコス(iQOS)を展開するPM(フィリップモリス)がタバコ葉からの脱却(ハームリダクション)を目指すための4つのプラットフォームの構築を目指しているのをご存知やろか。

将来的にはタバコ葉からの脱却を考えてるかもしらんで。

彼らは根底からタバコを変えるつもりやな。

スポンサーリンク

アイコスはあくまでもプロダクトのひとつらしいで

アイコス 4つのプラットフォーム

引用:Market Ralist

引用:Market Ralist

Philip Morris has highlighted the following four RRP platforms:

4つのプロダクトを研究しているフィリップモリス。順を追って見ていこうか。ただ、開発の順番とかではなくあくまでもそれぞれは別の位置づけで研究をしてるみたいや。

タバコからの脱却に向けた、プラットフォーム1:アイコス

Platform 1 is a more progressive offering that uses electronics to heat a tobacco stick to generate a nicotine-containing aerosol. PM has developed a controlled heating device and has commercialized it under iQOS brand name.

タバコ葉をしっかりと使うプラットフォームはここだけやねん。

やからこそ開発の起点となってるのかもしらへんな。

そして世界で初めて、アイコスのスタートアップ国として日本が選ばれたわけや。

販売開始から着実に根強い人気を誇ってるな。見事に当てはまっとる。

プラットフォーム2:炭素を使う

Platform 2 uses carbon heat source instead of electronics to heat the tobacco product. This product generates a nicotine-containing aerosol.

タバコ製品の加熱のため、電子機器を使わない方法での加熱を目指すため”炭素”に着目しとるな。

火も電気も使わない方法での加熱とは・・また難しいところや。

プラットフォーム3:疑似タバコ体験を生み出す

Platform 3 is said to replicate the feel and ritual of smoking by generating an aerosol of a nicotine salt, which will be formed by the chemical reaction of an organic acid and nicotine.

“nicotine salt = 塩化ニコチン”と訳したけど結局ニコチンと同様に劇薬やで。

ニコチンに様々な成分を添加することにより、タバコを吸っている感覚を再現しようとするプラットフォームやな。

プラットフォーム3からは、タバコ葉を全く使わなくなるな。

プラットフォーム4:電子タバコ=ベイプの開発

Platform 4 refers to Philip Morris’s portfolio of e-cigarette products. This platform generates nicotine-containing aerosols by heating a liquid.

ガッツリ、電子タバコ(ベイプ)について研究・開発するためのプラットフォームやな。

研究対象として参入を検討しとるな?ヤバイぞ、ベイプ業界。

本腰入れて参入されようもんなら、淘汰される危険性はないやろか。

アイコス、日本で約100万人が使用歴あり

The company claimed that about one million people had converted to iQOS, with 70% of the iQOS purchasers either fully or predominantly converted to the product.

現在、日本でアイコスのユーザーは約100万人おると言われていて、その内の70万人が紙巻きタバコからアイコスへの移行に成功したそうや。

喫煙者全体の5.2%ものシェアを獲得しとるみたいや。

ヒートスティックだけでやで?スゴイな。

ここから逆算して、喫煙人口は約1400万~2000万人っちゅうとこか。まだまだおるなあ。

タバコの人口は確実に減ると予測:フィリップモリス

According to the WHO (World Health Organization), under the current regulatory regimes, the percentage of the cigarette smoking population is expected to fall from 22% to 19% by 2025. However, the total number of smokers are expected to remain constant at 1.1 billion due to population growth.

9年後には今の喫煙人口から1割は減ると予想しとるな。

それでも全世界で11億人もおるかも、とはまだまだタバコ文化は根深いことがわかるな。

ただし、将来的に総人口自体も減少傾向にあるし、この予測からどう乖離するか見ものやな。

If additional restrictions are added, however, the percentage is expected to reduce to 16%, or to about 900 million smokers.

今より更に厳しく取り締まると一桁まで落ちると言うとるね。

タバコやめた2億人の内、日本人はどれぐらいになるやろな?やが、そない急激にはやっぱり辞められへんで。

特にサラリーパーソンらの喫煙率はやっぱり高い。体感的に3人に1人は吸うてるイメージで男性ばっかり。

禁煙への第一歩としてアイコスはええと思うけどね。引き続き追っていこう!ほな!

スポンサーリンク

お友達にシェアしとこ!