韓国最大のタバコ企業KT&GがHNB市場に参入 加熱式タバコlil(リール)11月から販売開始

お友達にシェアしとこ!

韓国最大のタバコ企業KT&Gが加熱式タバコlil(リール)の販売を11月21日より開始

まいど。以前より韓国最大のタバコ会社であるKT&GがIQOSやGLOの国内販売に追随して加熱式タバコを製造していたが、ついにローンチされたようや。商品名はlil(リール)と読むで。本体はまさにGLOとそっくりやな。ちなみにリール専用のたばこスティックは、IQOSにも使えるとのこと。

スポンサーリンク

販売価格はアイコスよりも安い

正規販売価格は95000ウォン(2017/12/01現在:約9500円)。さらにクーポンを申請すれば27000ウォンの割引後の68000ウォン。

IQOS本体の販売価格は97000ウォン、クーポン割引後で70000ウォンとlilと割引額は同じだが、lil(リール)が2000ウォン安く購入できる。

ヒートスティックの価格は他のメーカー同様4300ウォンでの販売が行われているが、増税の可能性が高くさらに値上がりすることが見込まれるで。

韓国内の公式ショップおよび韓国コンビニチェーンの「GS25」で販売されてるで。

既存のアイコス・グローと比較してどうか?

デザインはgloそっくり。バッテリー一体型で本体に直接ヒートスティックを挿入して使うことになるで。ただ、日本ではすでにIQOSヒートスティックが使える中国製加熱式タバコ本体が続々と販売されているな。

iBuddyもそのうちの1つや。デザインやバッテリー一体型で持ち運びのしやすさから非常に人気が出ている商品やで。

ibuddy アイコス 互換機 IQOS

ibuddyを街中で吸っている人をたまに見かけるわ。たまに見かけるレベルではあるが販売されてから間もないのでなかなかの普及率やと思うで。

販売開始2日で1万台を販売

販売開始から数日で予定の1万台を完売したほどの売れ行きから、さらなる増産に踏み切る可能性が高い。

ヒートスティック自体は他社と同じく4,300ウォンで販売されているが、タバコへの増税法案が通過すればさらに値上がりするので日本とそこまで変わらない価格まで引き上がることが見込まれるで。

lil(リール)用タバコスティックはIQOSにも適合

販売したヒートスティックはIQOSにも使えるようや。仮にヒートスティックだけを韓国で購入して日本に持ち帰っても使用可能やな。

こちらはアイコスにlil(リール)用ヒートスティック「Fiit」を差して使ってるけど、なんか細いな。

lilの径がアイコスよりも小さいので、lil本体にアイコスヒートスティックは使えない可能性が高い。是非実測してみたい。

身体への影響についての情報は未公開

加熱式タバコへの批評も多い中、ユーザーや投資家にとってもきになる有害性への情報開示がされないことにより一定ユーザーの不信感は拭えへん。

また、加熱式タバコの需要が大きく現れた結果となった。韓国はに行くことがあれば手に入れたいな。

ヒートスティックの味はどうか?

lilを入手した人のレビューを発見。

トウモロコシの匂いがするとのことなので、アイコス・グローなどのHNB製品とそこまで味の違和感は無く使えるかも。

本体カラーは2種類が販売中

本体カラーはオーソドックス。

・クリーミーホワイト

・サファイアブルー

これから増産とのことであれば、さらにカラーバリエーションは増えそうやな。

スポンサーリンク

お友達にシェアしとこ!