アイコス IQOS セルビア での販売を開始 喫煙率が高い国への投資を進める

お友達にシェアしとこ!

まいど。海外での展開が目まぐるしいフィリップモリスが、2017年4月11日 セルビア共和国でアイコスの販売開始を発表したで。

小規模な国への展開にも手を緩めることなく加速しているな。

スポンサーリンク

セルビア共和国について勉強しよか

アイコス IQOS セルビア での販売を開始 喫煙率が高い国への投資を進める

アイコスショップは首都のベオグラードを中心に販売を開始するで。

まずはセルビアについて勉強しよか。

セルビア共和国の基本データはこちら。外務省を参照したで。

参照:外務省 セルビア共和国基礎データ

1 面積

77,474平方キロメートル(北海道とほぼ同じ)

2 人口

712万人(2011年国勢調査)

3 首都

ベオグラード(人口164万人)

国土、人口ともに日本と比較しても小さい国やな。

貿易関係を見てみようか。

2 経済関係

(1)日本の対セルビア貿易額・品目(2015年財務省貿易統計)

輸出:約19.38億円/自動車,自動車部品,金属加工機械,タイヤ・チューブ

輸入:約240.02億円/紙巻たばこ,果実,衣類,化学製品,天然ゴム製品

(2)日本の直接投資:

2件(日本たばこインターナショナル,パナソニック電工)

実はJTとの繋がりがあったんやね。さすがは世界有数のタバコ会社やで。

データ内で気になった数値があったわ。失業率について見よか。

失業率

17.9%(2015年,セルビア統計局)

EU(2016年10%未満)の中でも非常に高い。

ちなみに日本の失業率は2016年現在 3.1%で約6倍もの失業率に到達しているな。

セルビナでのアイコス販売価格は?

○IQOSスターターキット:

5990セルビア・ディナール。日本円:5,582円。

○タバコカートリッジ20本入り

250セルビア・ディナール。日本円:約232円。

スターターはある程度、日本とも変わらんぐらいやけどタバコカートリッジは安いなあ。日本の半額程度か。

元々のタバコの値段もあるやろうが、セルビアでの喫煙率は以下の通り。

参照:WHO TOBACCO CONTROL FACT SHEET Serbia

女性:31.6%
男性:37.9%

世界的に見ても高い喫煙率や。特に女性の3割超えは驚異的やろ。

スターターキットは額面だけなら日本は高めの値段設定やと再認識するね。国ごとに合わせているとは思うけど。

今年中にはEUのどこでも買えるようになるか?

今回の展開やが、EU加盟国へは出来る限りアイコス導入を推し進めるやろうね。

カートリッジの製造自体、イタリアで製造されているのでやりやすいわな。

フィリップモリスは国の規模だけではなく、喫煙率の高い国への導入も優先しているみたいや。

今年中にはEUの全てで購入可能になるかも知らんな。

スポンサーリンク

お友達にシェアしとこ!