アイコスの供給不足も2017年には解決か フィリップモリス アメリカでのシェア獲得に向けて

お友達にシェアしとこ!

まいど!アイコスを製造・販売しとるフィリップモリスが、2017年からアメリカでアイコスを販売開始するみたいや!

タバコ業界にとって激動の一年になるな。各国の経済にも大きな影響を与えるやろ。

スポンサーリンク

ひとまずFDAの認可無しで発売するで

FDA(アメリカ食品医療品局)への審査待ちが理由やったみたい。

今も保留にされてるさかいにしびれ切らして販売開始に踏み切るみたいやね。
参照:VapengPost

こちらの記事でキレイにまとめてる。参考にさせてもらいまっさ。
記事元:もやもやさん

アメリカでの販売開始の一因に、先行販売しとる日本を始め各国での評判が良かったのはあるやろね。

特に日本での影響はすごかったやろ。

ドイツのタバコ会社との提携も開始したりとシェアを広めてるしね。

アメリカはタバコが高い!日本の3倍

各国のタバコの値段って知ってた?アジア安いわ!
記事元:おかねの学校さん

ニューヨークでは日本と比較して3倍以上の値段で売られてるみたいやで。

多くの人が承知の通り、欧州諸国と同様にアメリカでもタバコの喫煙率の減少に力を入れとって中心街の公共スペースや建物の中はほぼ禁煙。

喫煙者にとって非常に肩身が狭い思いをしとるようやね。

FDAの認可を受けていないアイコスはタバコとして販売せなしゃーないわな。

戦略やら価格面でもそうやろけど、FDA認可を通してから普及させたかったやろな。

果たして、アメリカ国民に受け入れられるかが注目やな。

タバコと同価格での販売やろけど、日本での普及率や反響を見る限り行けそうな気はするね。

2017年、3200万個のアイコスを生産予定

全世界への普及を考えたら、ちょっと足らん?

PMI has invested 3 billion $ in producing alternatives to tobacco cigarettes and are hoping that revenue will reach 1.2 billion by 2020, whilst aiming to produce 32 million iQos devices for distribution just in the coming year.

規模がでかいな。3000億円の投資をしとるみたいやな。

やけど製造ペースが2017年中に3200万個程度とか想定している12億人には全然足らんやん。

想定しとるリーチまでめちゃくちゃアイコス作らなあかんな。

12億人=同個数じゃまだ足らんやろうから、さすがにそれを上回る数を製造する準備はあるやろね。

やから「アイコス欲しいけどまだ待てる!」ゆう人はもうちょっとの辛抱かもしらん。

限定カラーはなかなか生産はされへんやろから、気に入った色があればそれが買い時やろな。

アイコスが日本に与えた影響はすごいで

日本では名古屋を旗艦店として、仙台・東京(原宿)・大阪(2店舗 梅田と心斎橋)・広島・福岡と計6都府県でのショップを中心にして営業を行っとるね。

アイコスショップという名称や白を基調とした店内を見る限り「AppleStore」を意識しているようにも見えるな。

形状がスマートフォンに似とるのもそういうことかな?

アイコスユーザーなら無料のドリンクとお菓子を提供してくれるのもありがたい。(一部の店舗に限るんやろか?)

故障は即交換!これもスゴイよな。

これまでにないアフターサービスの影響もあってか、反響が良すぎてそれに目ェつけた業者がアイコスケース・スキンシール・転売など色んな商売を始めたね。

ここらへんの経済効果はスゴイやろ。

アイコス本体もピンクが最近話題やけど更にバリエーション増えるやろね。

パープル・ゴールド・シルバーとか王道かな。個人的にはブロンズとかカッコエエかもね。

アイコス 限定ホルダー 4色コンプリートレビュー ゴールド シルバー ダークデニム ブルー
アイコス 限定ホルダー 4色コンプリートレビュー ゴールド シルバー ダークデニム ブルー
まいど!冬季限定のアイコスホルダー4色をコンプリートしたで! 前回...

JT、ヤバイんちゃう?

アイコス戦略によりフィリップモリスが世界のタバコ業界を牛耳る可能性は非常に高い。

日本に限ってやけれども今の若者はこぞってアイコスに移行してるからな。

特に営業職や接客業で仕事しとったり、最近結婚したヤツ、子供が生まれた人は特にな。

そいつらが口を揃えていうのがまたおもろいねんけど「火ィつけるタバコは臭くてたまらん」らしいわw

これからのタバコ世代はアイコスを始めとした電子タバコが主流やろ。

JTのプルームテックは果たして対抗できるものを持っとるか?

今のままやと難しいやろな。

他の記事でも書いとるけど構造的にちゃちいねん。古いベイプの機能を使っとるし。

ユーザー側でも中身バラされて記事にされてたりしとるで。

また、互換性のあるバッテリーも販売されとるな。

構造自体は単純やさかい、簡単に同じようなものが作れるんやろ。

構造的にビタボンやビタスティックとほぼ同じやと思うわ。

ビタボンは交換部品も無いから更に安価で作れるね。

原価はびっくりするぐらい安いと思うわ。想像にお任せしまっせ。

電子タバコ、JTもガッツリ金かけて製造

おそらくは検証や臨床試験への投資になると思われるな。

製品自体は非常に安く作れると思うねん。もう数年前の技術やしね。

おそらくは人体にとって主目的以外の作用が無いか、紙巻き以外での悪影響は無いかなどが問題となってるんとちゃうかな。

JTがベイプやリキッド作ったらスゴイ

これだけの規模で金かけてベイプ作ったら軽~く日本のシェア取れるで。

というのもニコチンが解禁になれば確実に参入してくるわな。

日本のベイプ販売業者やリキッドメーカーは戦々恐々とちゃうか。

海外(主に中国メーカー)の製品を仕入れて国内に流したり、日本国産のリキッドやら作ってるけど、そこらへん全部かっさらわれる可能性あるわ。

圧倒的なブランド力の前には為す術なし。

2017年はタバコのあり方が変わるか?

アイコスの普及により、タバコに関わる業種は営業する上で柔軟にやり方を変えんとな。

飲食店・何かしらの販売店・娯楽・パチンコ店などが想像できるな。

タバコはNGやけどアイコスならOK、といった具合にお店が増えるやろうね。

もちろん副流煙も人体に影響あるやろうからさすがにすべてがイケるゆうことはないと思うけど、少なくとも都心のお店は対応するやろね。

オリンピックに向けて禁煙推進ガッツリやろうとしてるし。

そうとなると入れるお店が少なくなった喫煙者は自分を変えなあかんくなる。

まさに相乗効果によりアイコスが更に普及する流れが見えてくるやろ?

恐ろしくもあるが、今後の流れに注目したいな。ほな!

スポンサーリンク

お友達にシェアしとこ!