電子タバコ比較! アイコス グロー プルーム レビューまとめ

お友達にシェアしとこ!


タバコまとめ 比較 アイコス プルームテック グロー 2016

まいど!2017年を迎える頃には電子タバコ商戦が更に盛り上がりを見せるな!

新たに12月発売のグローと比べてアイコス・プルームテックをまとめたで!

実際の使用者の評判も考慮しました。

スポンサーリンク

本体価格・ランニングコスト

価格・本数の比較はこちら

ブランド名 本体価格 一箱の値段 一箱の本数
アイコス iQOS 6880円 460円 20本
グロー glo 4000円 420円 20本
プルームテック 2000円 460円 約25本分

本体価格、一箱の値段からみてもプルームテックが優位やね。

圧倒的に安い!安すぎる。

フル充電からのバッテリーの持ち

アイコスがワーストやな。ちょうど一箱か。

・アイコス:20本

・グロー:30本分

・プルームテック:25本分(5カプセル)

とりあえずは3社並びで1箱吸い終わる前には充電が必要やな。

酒の席だけめっちゃ吸う人とか、ヘビースモーカーは常に充電用のバッテリー持っとかんとな。

後、カラオケいくとタバコ止まらん奴も気いつけや。

ほんで、バッテリーは常に劣化してるからね!

あくまでも購入当初段階でフル充電した場合の容量やと思っといたほうがええな。

※公共の場所での電気泥棒はあかんで。ええ大人やしな。

メリット・デメリットまとめ

タバコまとめ 比較 アイコス プルームテック グロー 2016

各製品メリットは共通しているな。

・副流煙がほぼない

・タバコ臭くならない

・これまでの葉タバコと比較して健康的である

・家の中でも吸える・・etc

このあたりは周知の事実やな。

実際のレビューからメリットや問題点を洗い出そか。

iQOS アイコス(銘柄:マルボロ)

言わずと知れた加熱型タバコの先駆けやね!

メリットは上に書いたとおりや。

タバコまとめ 比較 アイコス プルームテック グロー 2016

後発製品であるglo グローやプルームテックと比較して、デメリットが目立つようになってきたな。

デメリット1:スティックの掃除が厄介

こまめに掃除せんと焦げ付くぅ!

めっちゃスティック刺さりにくい!

ついでに若干味が落ちる気がする(気のせい)

これがめんどくさなって放置パターンの人もおるやろ。

ブレードを折らないように気を配らんといかんしな。

アクセサリーキャップでカワイイ色が多いからその点オススメやな!

デメリット2:タバコが折れて勿体無い

アイコスあるあるやね。

結構、刺さりにくくてタバコが折れるから勿体ない!

1本23円やで。キッツいなあ。

最初からサクッと刺さってくれる確率が低い。

差してから違和感あるから軽く抜いてポイントを探りつつもっかい差して…

地味に頻発するからイライラするで。

デメリット3:ブレードが折れる

ブレードはセラミック製やけど折れる。

もちろん使うたびに劣化するし、より折れる可能性が高まるな。

今折れたら悲惨やで~。

長時間覚悟でカスタマーセンターへのコールが必要や。

代替品の到着までどれぐらい掛かるかわからんから葉タバコに逆戻りも有りえるな。

glo グロー(銘柄:ケント)

これまでの報道、実際のレビューから構造や使用感を想像してみるで。

タバコまとめ 比較 アイコス プルームテック グロー 2016

ワイ個人的にはグローがアイコス市場を食うと思っとるで。

メリット:余分な部品が少ない

ヒートスティックはケントタバコと同様に細長いタイプのようや。

やからアイコスのようなブレードがないと思うで!

そのままタバコをスッと差し込んで使えるような構造やと考えるわ。

ブレードやら細かい部品へのケアなどいらん心配せんで済みそうや。

アイコスよりもさらに利便性を高めてきてるな。

おそらく専用の掃除棒または綿棒を突っ込んでゴシゴシすることになるんちゃう。

ブレード的なものが無い分、掃除もまあ手間にはならんやろ。

デメリット:タバコが根本から折れやすい

本体自体がバッテリーも積んでて約100g程度みたいや。

iphone5(約120g)よりも若干軽いけど、タバコめっちゃ細いよな。

何かの拍子にフィルター部分から「パキッ」と折れそうやん。

タバコ葉の容量はアイコスよりありそうや。

中折れしたら掃除が非常に手間になりそう。

そのまま吸えたらハイブリットとしても売り出せるのになあ。

プルームテック(銘柄:メビウス)

これまでの2社と比較して、唯一ミストの吸引を主体としたタイプや。タバコまとめ 比較 アイコス プルームテック グロー 2016

タバコ葉を直接温めるわけではないから、より健康的にタバコを楽しみたい人にはオススメやな。

メリット:カプセルや副流煙などの匂いが全く気にならない

まさにベイプの特徴やね。

タバコカプセルを通しても、ミスト自体はグリセリン(VG)やプロピレングリコール(PG)や。

これらリキッドを熱してミスト化してるだけやな。

匂いとかはリキッドに香料を付けない限り、タバコ葉の香りを楽しめるんちゃうか。

デメリット:カプセルが余る。原因は?

カートリッジの使用回数限界に達することでカプセルが余るようや。

だいたい1カプセル4-5本分で回数にして50回がカプセル交換の目安やな。

ここから推測するにカートリッジの仕様上250回以上は吸えへんようになっとるんか

せやから1つのカプセルで50回以上吸ってたらカートリッジ残量が先に尽きるゆうこっちゃ。

カートリッジの容量不足によりカプセルが余る

ペンタイプで非常にスマートなサイズやし、リキッドの量も限界とちゃうかしら。

もっと大容量にしようもんならスマートさは失われるな。

カートリッジにリキッドが無い状態で起動しようもんなら、コイルが焦げ付いて非常にまずくなるわ。

これはベイプ吸ってる人ならわかるやろ。

香料や香りが全て飛んだ上に焦げを吸うことになるからね。

ストレス無く楽しめるならカネは出すで

タバコまとめ 比較 アイコス プルームテック グロー 2016

値段は安いに越したこと無いけどな。

手間がかからずに手軽に楽しめるようにしたいもんやで。

製品コンセプトは素晴らしいし、これからの競争に期待やな!ほな!

スポンサーリンク

お友達にシェアしとこ!