バーベキューの必須アイテム 火おこし器 チムニースターター バーナー・着火剤・コツは一切不要 手軽に火起こし

お友達にシェアしとこ!

まいど!チムニースターターは速攻で炭に火が着く最強アイテムといっても過言ではないな。

これを知ってからは、最近バーベキューにハマって肉焼いて楽しんどります。

まだまだ今なら涼しく楽しめて真夏にするバーベキューとは一味違うやろ。

これからBBQを企画しとるグループの皆さん、大きな問題である「火おこし」をチムニースターターで解決しよか。

ホンマに便利。なんで使わんの?レベルな火おこしグッズをご紹介。汗をかかずに肉が焼けるで!

スポンサーリンク

BBQ必須アイテム「チムニースターター」を買え!

ロケーションやら日程の計画ですでにバーベキューは始まってるといえるな。

大学生ならすでにワクワクしっぱなしの人も多いと思う。

まあ異性と仲良くなるチャンスやしね。大いに楽しんでもらいたい。

バーベキューのヒーローになりたいなら、チムニースターターを買うべきや!

値段も千円前後であるし、ホームセンターコーナンとかでも売っとるで。

火を起こすのは大概男の役割やしね。男同士でこれ提案してみたらみんな食いつくと思うで。

お金出し合ってでも買っといたほうが楽!絶対楽!

使い方は簡単!誰でも手軽!

1.下から空気が取り込める場所に置く

2.スターターの底に新聞紙を装填

3.その上から炭を投入、下から新聞紙に火をつける

※着火剤投入で時間短縮→更に早くなる

これだけで炭に火がつくねん。初めて使ったときはあまりの速さに感動したで。

原理としては煙突効果をうまく利用してるわけや。

うちわ?いらんいらん。ガスバーナーもいらん。

汗かく必要ないんやで!とりあえずビールで乾杯しとこか!

Wikipedia:煙突効果

炭火で焼くと美味い理由

外で食うと美味いとか、ワイワイやるから美味い、たしかにそうやな。

1人で食べるよりも環境や雰囲気がスパイスになるのがバーベキューの醍醐味やと思う。

科学的にも炭火で焼くと美味い理由がちゃんとあるんやで。

炭火焼肉がおいしいわけ

引用:株式会社ちろり様

赤外線がガスの4倍

美味い理由は何と言っても赤外線の多さやね。ガス火と比較して約4倍とのこと。

遠赤外線効果ゆうのを聞いたことないやろか?岩盤浴とかでもウリにしてるとこもあるね。

赤外線がしっかりと肉の中に届いて、ガスの火とはまた違った形で調理するわけやな。

さらに七輪ならその効果を高めるらしいで!

炭火プラス七輪で焼くサンマの絵が浮かばんか?

昭和の時代を表す象徴みたいなもんやけど、今でもあの旨さは忘れられんよな。

ビール片手にちまちまサンマをつまむ・・あかん、よだれ出てきたわ・・

輻射熱が旨味を閉じ込める

火を使った料理には「輻射・対流・伝導」の3種類の加熱があります。輻射による加熱は、食材の周囲には空気しか存在しませんから、うま味成分を持っていかれないんです。
また、赤外線の輻射熱は表面を均一に素早く焼き上げて食材を硬化させるため、内部のうま味を閉じこめてしまう働きがあるんです。

そして、もちろんホクホク感やジューシーな感じをも生み出してくれます。

表面が焼きあがった秋刀魚が目の前に浮かんでくるやろ。

ちょっくらスーパー行ってくるかね・・

メリット1:ガスの臭いがつかない

家庭で使うガスには臭いがするな。本来天然ガスは無臭の気体やから安全のために臭いがついとる。

これはグリルで秋刀魚を焼くと気づかんぐらいやけど臭いが移るねんな。

そこらへんも炭は無臭やから旨さを引き立てるのに一役買ってるわけや。

メリット2:燻煙(くんえん)効果

炭の煙で自然に燻製のような香ばしさを生み出しとるわ。

豚肉とか焼くと油落ちるやろ?その油が爆ぜて煙がでるけど、それがまた良い匂いとして肉に戻ってくるわけや。

うんちくの披露は単純にうざいから程々にな。ワイがまさにその人種やからな・・

都心ダイバーシティでもバーベキューが楽しめる

シャレオツよな。ダイバーシティでは施設内の屋外スペースでバーベキューが楽しめてしまう。

他にも東京なら新豊洲・両国など。大阪なら中之島でも楽しめるみたい。

結構都心部でできるところが増えてるな。合コンや会社の飲み会にええかもしらんね。

更に便利なアイテムを実験中。キーワードは「二次燃焼」

実はチムニースターター以上に便利なアイテムを発見したで。

予算も数百円単位で大火力が出せる方法で着火剤も新聞紙も必要ないという省エネで火を起こせるんや。

これは次回のバーベキューで試してみようと思ってるからまたレポ書きます。

スポンサーリンク

お友達にシェアしとこ!